インターネット有名人へ捧ぐ

インターネット有名人が読んでおもしろい情報サイトを目指します。企業案件の話とか、いろんな数字の伸ばし方の話など。インターネット有名人に詳しくなりたい人が読んでも面白いかも。

歌い手が有名になれない歌アプリ、nana

今日は歌投稿アプリ、nanaの話題でございます。

nana-music.com

 

僕自身nanaは5,6曲投稿しているんですが、なんか微妙ですね。投稿の簡単さはバツグンですが、視聴数が伸びない、フォローも伸びないです。数曲でなにいってんだコイツと言われそうですが、アプリの導線的に伸びにくい構造になっているなぁという話です。

 

要は、nanaは新規投稿に視聴数が流れていく仕組みがないんですよ。僕が新しく曲を投稿したらそれはどこから見られるのか?トップの新着一覧から入ってくるか、検索にひっかかるか、しかない。

よくある仕組みとしては、新着のランキングとか、まあふつうのランキングとかから流れてくることが多いです。

ランキングに乗ると何が良いかというと、(皆がランキングを見ている場合)一気に爆発的に流入がうまれるということです。

f:id:callofventure:20170612100248p:plain

 

ランキングに踊りだせば一気に知名度が広がるので、ランキングに乗ることを目標にすればよくなる。たとえば1時間で1万再生あればランキングに乗るとすると、「フォロワーが8000人いて、米津玄師の新曲を最速でだせば検索からも入ってくるし、あとツイッターで宣伝して短時間で300人くらいはいってくれば狙えるかも...」と目標が立てられますよね。プロインターネット有名人的にはやりやすいです。

 

でまあnanaはそういう仕組がないので、純粋にフォロワーを積み重ねていく必要があります。極微量の視聴数から数%がフォローしてくれる、というのがいつまでたってもずっとつづくので、しんどい。

 

だいたいnanaは歌投稿プラットフォームであり、歌を聞くプラットフォームではないんですよね。nanaで探すのはあくまで音源であって、自発的に人が歌ってるの探すことってほとんどないんじゃないかとおもいます。

つまり、ユーザーの比率が

 

歌いたい人 >>>>越えられない壁>> 聞きたい人

 

なんですよ。それで、歌いたい人が多いので、音源提供している人にフォローが集まるんですよ。つまりnanaは音源提供者が有名になりやすいプラットフォームであるといえます。

 

f:id:callofventure:20170612101627p:plain

しかしこういうトラフィックが回ってこない問題は、アプリの設計の問題なんですよね。たとえば新着ランキングのタブができたらそっからゴンゴンながれてくるかもしれないし、そうなると全然変わってきますよね。

 

nana運営は意図的に歌投稿プラットフォームにしてるんですかねぇ...。適当に投稿しても2、3は👏がつくし、そのぐらいのリアクションがあればユーザーの離脱は防げるというデータが出てるとかそういうことなんでしょうか。

 

まあ何にしても、歌い手としてはあんまりおすすめできないです。頑張っている歌い手をリアルイベントに出してあげるみたいな動きもみられますが、そんなことよりアプリ内で有名になりやすくしてクレイ。

YouTubeでコバソロしてたほうがよほど伸びますね。

www.youtube.com

まあYouTubenanaだと投稿ハードル違いすぎるので一概には比較できないということも分かっておりますが...。

 

そんなかんじで、インターネット有名人ワナビの視点からだとびみょいサービス、nanaでした。投稿アプリとしては楽しいです。触ったことない人はぜひ触ってみてね。

こちらの公式サイトからDLリンクに飛べます↓↓

nana-music.com