インターネット有名人へ捧ぐ

インターネット有名人が読んでおもしろい情報サイトを目指します。企業案件の話とか、いろんな数字の伸ばし方の話など。インターネット有名人に詳しくなりたい人が読んでも面白いかも。

バンドマンのtwitter運用間違いすぎワロタ

煽りタイトルごめんね。

 

インディーズバンドのtwitterの使い方が半端なく間違ってるのはそうなのでべつに間違ってはいないんですが。

ということで今回はインディーズバンドマンは向けたtwitter講座でござる。ていうか集客講座かな。

バンドマンもいまやインフルエンサーみたいな立ち回りできないと売れるのむずそうだしね。今回全体的になんか偉そうでごめんと先に謝っとくぞ!ほんま勘弁な!

 

twitterで集客するまえにやるべきことがある。穴を塞ぐべし。

僕、インディーズのバンドが好きでたまにライブ行くんですよね。The Whoopsとか好きです。あと膝の皿ジャックとか、イチヂクとか。

 

それでライブ行くと思うんですが、これ、ユーザーの再訪率めちゃ低くね?ということ。

対バンとかで、新規獲得はまあまあされてると思うんですが、来た客が固定客になる率、リピート訪問率、クソ低そう。

 

全体の流れとしてはこんなかんじ

  1. なんらかの手段で新規客を呼ぶ
  2. めっちゃいいやん!と思わせる(曲とライブパフォーマンスの良さ)
  3. また来させる

 

流れの最後が「また来させる」になっているのは、バンドの戦闘力=動員数かなと僕がおもっているため。メジャーデビューとか、動員さえ出せればたぶんいけるっしょ。あらゆるバンドの追いかけるべき最重要指標。2000人くらい動員できたらZepp東京いけることを考えると、休日昼間に500人位動員目指したらまずはなんとかなりそうじゃない?

 

まあそれはいいとして、僕がおもってるのは、新規客がリピ客になる率低いんじゃね?ということ。

遠征したり、毎週ライブして、新規客にめっちゃリーチしてる。そしてパフォーマンスも頑張って客に「最高だった!」と言ってもらえる。でも、その後がザルみたいに穴だらけなせいで、全部抜け落ちてってないでしょうか?ということよ。

 

その下が現状どうなってるかというと、良くて物販でちょっと喋って「また来てくれな!」ぐらいでしょ。「来月14日にメイプルハウスでやるから!」

twitterやってるからよかったらフォローしてよ!」でMAXですよね。

それでtwitterでライブ告知ながして、再訪促した気になっている。

 

これら全部打ち手としてはめちゃくちゃ弱いと言わざるを得ないです。くそザル。もちろん、やらないよりは全然マシですが。

逆にいうとここさえ頑張ればクソ伸びる可能性あると思ってます。

まとめると「ファンの再訪率向上を頑張ろう」ということでした。ここは100倍改善の余地がある。

 

どうやって再訪させるか

ようはライブ告知をどんだけうまくやるか、どんだけ来てもらえるかということですよね。それで、そのクソ貧弱なtwitterで呟くだけでは不十分よ、ということを言って来ました。じゃあどうすんねん?

はい。2つアンサー用意しました。

 

①ツイートより強力な告知手段をとる

結論からいうとライブで客と絡んでLINE交換して直で呼びましょう。

 

ツイートは思ってるよりはるかに軽いです。何回呟いても、よほどアグレッシブなファンでない限り自発的に来てくれたりはしないと考えましょう。すぐTLの彼方へ流れていっちゃうし、不特定多数に向けて発信するものだし。呟いたからといって必ず見られるわけでもないんですよね。

断られることがないので、告知する方としては楽ですが、何もしてない自分に言い訳ができるだけですよ。意味ない意味ない。

 

その点LINEは強いです。

まずスマホにPUSH通知が遅れるので必ず目には入る。この時点でtwitterより100倍強力。

そして不特定多数へ向けてではなく、メンバーから直で誘われてるので、足を運ぶ確率もだいぶ高いです。

 

てかライブの後にメンバーから「来てくれてありがとう!」「俺らの演奏どうだった?」「せっかくだし一緒に写真とろや!送るからライン教えて!」みたいなコミュニケーションされたらクソ嬉しくないですか?ライン交換そのものが好感度を向上させて、再訪率アップに繋がると思いますね。

 

あとLINE交換がおすすめな理由はもいっこあり、それは動員数が定量化できるってことですね。

どういうことかというと、例えば100人に日曜のライブの誘いを送ったら、30人来てくれるとしますよね。じゃあZepp出れるようなバンドになる=500人動員できるようになるには1666人とライン交換すればよくて、1ライブあたり新たに20人と知り合えばあと80回で達成や!てことは週一でやったら560日!2年ガチで頑張ればいけるやん!

 

みたいな計算ができるってことです。

まあ実際には週一で毎回20人と知り合うというのを継続するのクソきついだろうし、こんな2年とかで簡単には行かないと思います。しかし、こうして実際どこまで行けば夢が叶うのか具体的にわかるってのら、やばいぐらいの価値がありますね。

 

 

twitterを強くする

twitterの告知力がゴミなのも1つ問題の側面です。そもそもtwitterにマジ半端ねぇ集客力があったらライン交換なんかしなくていいですよね。(無論両方やったほうがいい)

 

そんで、twitter強くするというのはどういうことかというと

  • フォロワーを増やす
  • ツイートのリーチ数を増やす
  • よりファンになってもらえるツイートをする

とかそんなかんじです。

 

フォロワーを増やすには、まずこちらからフォローすることです。ほっといても増えませんし、おもろいツイートしても増えません。

フォローさえすれば、一定の確率でフォローバックが帰って来ます。

できるだけライブを見に来てくれそうな、都内に住んでそうな、音楽に興味のありそうな人を1日300人にフォローしましょう。そして同時に、二日前フォローした人のうち、フォローが帰って来てない人のフォローをすべて外していきましょう。このサイクルをずっと続けていけば、毎日フォロワーが50人は増えます。1ヶ月で1500人。1年で1万8000人。1万人もいれば、YouTubeにあげたPVの再生もそこそこまわって、おいしくるメロンパンの関連にのったりするかもしれませんね。

 

次に、ツイートのリーチ数を増やすには、まず画像か動画をつけて呟くことです。これだけで同じツイートでも3倍くらいリーチしたり、タップされたりします。フォロワーが3倍になるのとほぼ同じ効果があります。なんかつけましょう。

 

そして、RTやファボされやすいことも大切です。じゃあどういうツイートならRTやファボされやすいのか?それをしるには、上手くいっているツイートを研究するのが1番良いです。

f:id:callofventure:20170607000459p:image

ポルカドットスティングレイのボーカル雫さんはかなり上手くやっていると思います。

 

ポルカはすでに有名やんけ!」とおっしゃるなかれ。かなり前から上手かったです。むしろtwitterつかってうまく伸びて来たとこもあるんじゃないかと思います。

 

ポルカ雫さんの主要ツイートは

  • 飼い猫のビビ
  • 自撮り(かわいい女の子)
  • メンバーの一面、メンバーとの絡み
  • スタジオ、ライブでの演奏動画

みたいなかんじですね。それと全体的に見られることを意識して、コンテンツとして呟いてる印象。つまり内輪ネタに寄りすぎたり、とりとめのなさすぎるツイートをしない。

 

かわいい動物とか、女の子の自撮りって、わかりやすいSNSキラーコンテンツです。よくRTでまわって来ますよね。ポルカはそこちゃんとふまえてる。えらい。模範的。雫さんIT系企業勤務ぽいしちゃんと分かってやってそうですよね。素直にすごいです。

こういうツイートはバズりやすいし、よりファンになる、ファンが喜ぶようなコンテンツと言えます。

 

とりあえず最初は界隈でバズってるのをとことん真似してみるのがいいと思います。たとえばゲーム実況界隈ではスーパープレイ動画付きツイート、同じく珍プレー、バグ動画が伸びます。じゃあバンド界隈では?さらにあなたのバンド、あなたのフォロワーの中では?

ここをしっかり考えていくのis大事です。

 

雫さんも昔は今ほど可愛くないし、努力の賜物なんですよね。何もかも。

 

おわりに

はい。

twitterやるより先に再訪率高めよう。twitterやるならちゃんとやろう。の2本立てでした。

参考になったら嬉しく思います。

 

マーケの方はさすがにバンドマンより詳しい自信あるけど、バンド界のことはそんなにわかってないので、いろいろと全然間違ってたらすまんです。あと用語の使い方(対バンとか)も間違ってたらめんご。最初でも謝ったけど門外漢ですしいちおもっかい謝っときます。この記事で扱ったような話題、地下室タイムズの人とかと議論できたらいいなぁ〜(ついでにコラボ記事でアクセス伸びないかなぁ〜)と思ってます。声かけてみようかなぁ。

 

ライブの帰り道、めっちゃ最高なのにあいつらバンドで飯食えないんだろうなぁ、むしろ赤字なんだろうなぁと毎回寂しく思うんですよね。なんかいいことあるといいなぁ。

 

ではまたな。